LCRingUIKit

Ring SDK を利用するためのクラス

定数

Ringのボタンに関するイベントの定数

  • LCRingUIKit.Event
    • None
    • Tap
    • LongPress

Ringのジェスチャーに関する定数

  • LCRingUIKit.Gesture
    • None
    • Circle
    • Down
    • Four
    • Heart
    • Left
    • One
    • Pigtail
    • Right
    • Three
    • Triangle
    • Two
    • Up

Ringの動作モードに関する定数

  • LCRingUIKit.Mode
    • Gesture
    • Quaternion
    • Point

static 関数

  • void Init()
    Ringを初期化します。

  • void AddGesture(Gesture identifier)
    Ringにジェスチャーを登録します。

  • void SetMode(Mode mode)
    Ringの動作モードを設定します。

  • void Start()
    Ringの使用を開始します。

  • bool IsConnected
    Ringとの接続成功を確認します。

  • Event PopEvent()
    Ringのボタンに関するイベントを取得します。取得後はNoneに初期化されます。

  • Gesture PopGesture()
    Ringのジェスチャーを取得します。取得後はNoneに初期化されます。

  • bool IsReceivedQuaternion
    RingのQuaternionのイベントを受信したことを確認します。

  • Quaternion PopQuaternion()
    RingのQuaternionの値を取得します。取得後はIsReceivedQuaternionをfalseに初期化します。

  • bool IsReceivedPoint
    RingのPointのイベントを受信したことを確認します。

  • Vector2 PopPoint()
    RingのPointの値を取得します。取得後はIsReceivedPointをfalseに初期化します。