LCVRLens

歪曲収差補正フィルターのクラスになります。
VR用のカメラにはりつけて利用します。
アニメーションカーブの修正は実行中でも即座に反映されます。

変数

  • HMDType
    下記のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の種類

    定数名 説明
    HMD_TYPE.HACOSCO ハコスコ
    HMD_TYPE.HACOSCO_DX ハコスコDX
    HMD_TYPE.GOOGLE_CARDBOARD グーグルカーボード
    HMD_TYPE.SOYAN Soyan
    HMD_TYPE.ANDOER Andoer
    HMD_TYPE.GMYLE GMYLE
    HMD_TYPE.CUSTOM 任意のアニメーションカーブで歪曲収差補正をかけたい場合

  • DistortionCurve
    歪曲収差補正用のカーブ
    基本的にvalueが常にマイナスになるように調整します。
    設定するとディストーションマップが即座に再計算されます。

Inspectorでのみ設定可能な変数

  • use1DDistortionMap
    trueにすると1次元のディストーションマップを利用します。
    1次元にするとメモリは削減されますが、シェーダーの負荷は高くなります。
    また、Androidでは無効となります。

関数

  • SetDirty()
    ディストーションマップを再計算させます。
    DistortionCurveのキーのみを修正した場合等に使用します。