ソフトウェア利用許諾契約書

1.著作権

  • (1) 本利用許諾は本ソフトウェアに関する著作権等の知的財産権は、弊社に帰属し、本ソフトウェアは日本の著作権法およびその他関連して適用される法律等によって保護されています。
  • (2) 本利用許諾は本ソフトウェアとともに提供されるドキュメント等の関連資料(以下「関連資料」と記載します)、およびサンプルコードの著作権は、弊社に帰属し、これら関連資料は日本の著作権法およびその他関連して適用される法律等によって保護されています。

2.権利の許諾

  • (1) 利用者は、本利用許諾ファイルを入手した時点で本契約の各条項にしたがって本ソフトウェアを使用する非独占的な権利を本契約に基づき取得します。
  • (2) 利用者のソフトウェア製品を設計、開発、およびテストするためにのみサンプルコード、サンプル画像を改変して使用することができます。また、サンプルコードもしくはそれに改変を加えたもの(オブジェクトコード、ソースコードあるいはその両方)を複製することができます。
  • (3) 利用者は、本ソフトウェアを他のソフトウェアに結合して第3者に再配布、販売する場合に必要な本ソフトウェアで提供されるライブラリ(DLLなどを含む)、サンプルコードを利用してコンパイルされたオブジェクトコード類などを商品に組み込んだ形で再配布することができます。

3.制限事項

  • (1) 利用者は、本ソフトウェアのリバースエンジニアリング、逆コンパイルまたは逆アセンブルをすることはできません。
  • (2) 利用者は、本契約書に明示的に許諾されている場合を除いて、本ソフトウェアの使用、全部または一部を複製、改変、配布等をすることはできません。
  • (3) 利用者は、本ソフトウェアおよび関連資料に付されている著作権表示およびその他の権利表示を除去することは著作者人格権に基づき行うことができません。また、上記制限事項(2)に基づき本ソフトウェアを複製する場合には、本ソフトウェアに付されている著作権表示およびその他の権利表示も同時に複製するものとします。
  • (4) 利用者は、本ソフトウェアを単体で第三者に使用許諾、販売、貸与またはリースすることはできません。
  • (5) 本利用許諾は本ソフトウェアに万が一不具合その他の瑕疵が存在した場合であっても、弊社は一切の保証および如何なる責任を負うことをいたしません。
  • (6) 本利用許諾は本ソフトウェアの利用により、万が一ハードウェア機器若しくはデータ等若しくは利用者の身体、本ソフトウェアを利用したソフトウェアの第三者への配布に伴う第三者の身体、それらへの損害・支障・障害・傷害が生じた場合であっても、弊社は一切その責任を負いません。
  • (7) 本利用許諾は本ソフトウェアについて、第三者との間で著作権その他知的財産権上の紛争、製造物責任法に基づく紛争等が生じた場合といえども、弊社は一切その責任を負いません。
  • (8) 本利用許諾は上記の他、本ソフトウェアの利用に関して、利用者又は利用者の顧客に何らかの損害・障害が生じた場合でも、弊社は一切その責任を負いません。
  • (9) 弊社が本ソフトウェアの誤り(バグ)を修正した場合には、弊社は利用者に対して、修正されたソフトウェア、修正のためのソフトウェア(以下「修正ソフトウェア」と記載)、またはこのような修正に関する情報を提供します。なお、修正ソフトウェアまたはこのような修正に関する情報の提供の必要性、提供時期、提供方法等に関しては、すべて弊社の判断により決定します。また、利用者に提供された修正ソフトウェアは本ソフトウェアと同等に扱われるものとします。
  • (10) 本利用許諾は利用者が仮にソフトウェアを改変した場合、改変されたソフトウェアを改変していないと主張しないことを要求します。

4.免責事項

  • (1) 弊社は、利用者が本ソフトウェアの使用によって生じた事故・損害・障害について、契約行為、厳格責任、不法行為(過失を含むその他)使用、直接的・間接的・偶発的・明示的・黙示的・可能性の発見や指摘の有無の如何を問わず、一切の責任を負いません。また、本利用許諾によって本ソフトウェアに瑕疵のないことを保証するものではありません。

5.その他

  • (1) 本契約の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本法が適用され、本規約から生じる紛争については日本国の裁判所の裁判管轄権に服するものとします。
  • (2) 本ソフトウェアに対して特許権を行使しようとした場合は本ソフトウェアのライセンスに基づく権利(再配布する権利など)を停止する場合があります。